« ブルームーン前夜 | トップページ | プチ同窓会と手作りラーメンな夜 »

愛をぶん投げる時

なかなかに不安定なブルームン明け。

貰っているたくさんの愛情も、ふっと投げ捨てたくなる時がある。

「こんなのいらない!」

って投げ捨てるその真意は

「もっと欲しい」



寂しいとそうやって自分で壊すんだなきっと。

心が寂しい時は不安でどうしようもない時。



その強さが強い程、根気強い人じゃないと駄目なわけです。




でもね、だいたい、そういう不安のおおもとは一個。
その一個が駄目過ぎて他が駄目に見える。

だから、ジタバタしている時はそのおおもとを見つけてよしよししてあげればいいのだ。




今日、宇宙人おじいちゃん先生の治療日。

「おお、驚く程の早さで良くなっているね」

と言われた。

努力を褒められました。

私はその場で号泣。




実は前回の治療で結構重めの事を言われていました。
それから2週間弱。
治したいが為により一層の食事療法を心がけ日々を過ごしました。



「ほんとに驚くなぁ」


と何度も言ってくれました。





私の不安の元凶はこれだったんだなと思った瞬間。


だって帰り道、全ての人が今まで通り愛おしくなりました(笑)



あぁ、ほんとに自分の性格を呪う。





「病気ってのはきっかけでね、一つの病気を治そうと努力する事によって、体の他のところも治ってくって事があるもの。体からのメッセージなんだろうね」


と先生。




確かになぁと深く頷きました。



食事療法する事によって体内のめぐりが良くなっているし、耳の調子もわりといい。
何よりからだが軽い。



体からのメッセージ。



もっとちゃんと受け取らないとな。





食事療法は引き続き。

20150730231713_deco

Linecamera_share_20150730231613

野菜とお魚ばっかり大量に食べとります。
またしても体重が未知の領域に。
しかし体が変わりすぎて、腹式呼吸がうまくいかなくなった昨日の朝。
焦った。


早く新しい体にもなれないと。





昨夜はnossaのラストディ。
いつもそこにいてくれたお店だったからなくなるってなると寂しいなぁ。

店長、お疲れさまでした。いつもいつもありがとうございました!!
一緒に行ったギター一心君と。

20150801015942_deco

昨日のかっこがちゃらいことには家を出たあとに気がつきました。

20150801020314_deco


それにしても、おじいちゃん先生の治療の後は体がだるるーんでねむーい。

しかし、これからプチ同窓会。


ザギンですって。
ザギン。



皆さん、今日暑いから熱中症とか気をつけてねー!

ではいてきまーす。


☆京田未歩(pommy)さんと一緒に「ココログ(無料)」はじめよう☆

|