« ざわざわな心とご飯とお洒落 | トップページ | 良きライブを見た夜 »

作曲の神様が降りて来てくれた

今日は8時間ぶっつづけでレッスン。
家からバナナパウンドケーキを持って行くのを忘れて、
生どら焼きを買った(なんでやねん)あと、鮭ハラスおにぎり。



8時間のレッスン、もっと疲れるかと思ったけれど今日はそうでもなかった。
でも最後の最後。
ほんとラストの子の歌で、「ふらいはーい!」ってサビがあってね。
それを、

「もっと、こういう風に歌うんだよ!」

って大げさに手でカウントふって歌ったらさ、ぴきん!って音が聞こえてさ(笑)

帰宅しても痛いっていう…。


かっこわるい。



その痛い腕を我慢しつつ。
帰宅しても元気だったので、コモンシスターズとのツアー&ファイナル用の曲に着手した。



夏のライブ。
私にとっては復帰ライブ。


もうセットリストを考え始めている。
音楽人生で一番早めから行動している(笑)

そのセットリストでいくならば、新曲が3曲必要だった。
書き下ろし。


一曲は、もう随分前にサビだけ出来ていた。
ずーっと脳内をリピートするそのメロと歌詞を完成させたのは数日前。


でもね、やっぱり耳の疲労を考えて、ピアノの前で歌うのが恐い日々。

頭の中でね、自分の声が一番反響するの。
だから、歌う事が一番の苦痛でした。
おまけにピアノの音も響くので、楽器の中で一番苦痛だった。


それでね、そんな中、新しい曲を書く事にもどうしても前向きになれなくて。


自分が歌う度に、以前の様なワクワク感がなくて。

歌う事が恐くなってた。

だから、大きな声で歌う事が出来なくなっていたのです。



そんな中、歌詞だけでもと考えていた時、とある人がね、


「コモンシスターズの事を歌詞にすれば?」

って。


それでね、おおってなって、書いたのです。


歌詞はするするっと出来たよ。
2時間くらいで2曲。


それを数日寝かして見直しての繰り返し。


ようやくぶれないなって思ったらそれであとはメロ。


なんか煮込み料理みたいです(笑)



しかしここからがなかなか着手出来なかった。



どうしてもピアノの前に座れなくて。





でもさ、今日はなんだかとても耳の調子が良い気がしたのです。

ほんでなんかさ、今日出来る気がしたの。


家に着いたのは23時過ぎだったけどね。


帰ってお風呂入ってピアノと格闘。

(ちなみに負傷した腕は、エイトビートを刻む為に震えた)




1時間で8割の骨組み完成しましたー☆


やったー。



ほんで、久しぶりに録音。


久しぶりにイヤホンを耳に装着して、
久しぶりの自分の歌声を聴いたら幸せな気持ちになった。


コモンシスターズのみんなの顔が浮かんだ。



どんな顔するかな。
喜んでくれるかな。


うん。




ははは。




そんな彼女達の、スキルアップの為にユニットに別れての3ヶ月連続企画ライブも23日で終了。

ここからはコモンシスターズに戻ってもらって、
そんでもって夏のツアーとファイナルに向けてがっつり一緒に活動していく。


その前哨戦である23日。



「ユニットごとの戦い」のつもりだった当初。
ライバルを作る事で人は切磋琢磨し成長する。

それが狙いだった。


でも今はもう、みんなで力を合わせて欲しいと願っている。


バラバラに散らばったものを、ここにきて、12月の魔法クワイヤーに戻ってもらいたい。



それでいて、この私の渾身の新曲を全力で受け止めて欲しい。





ひゃー。




出来た出来た。





今日は、歌も耳障り悪くなかったぞ。





さぁ、明日は主催ライブ。イケメンナイト。

イケメン達に癒されよう。



ではでは。


おやすみなさい。

☆京田未歩(pommy)さんと一緒に「ココログ(無料)」はじめよう☆

|