« 35歳のヤンキーガール | トップページ | WSと宇宙の流れ »

L.A.日記3 〜セドナ記・美しいセドナからのメッセージ〜

※まとめてご覧いただくには、右下の「カテゴリー」→「L.A.日記 at 04/2014」を選択してくださいませ。

写真をクリックするとキレイに見れます♥

L.A.日記3 〜セドナ記・美しいセドナからのメッセージ〜

さて。
少し空きましたがL.A.日記の続きです。

セドナ二日目の朝。
窓から見た景色のすごさ。
澄んだ空気のさわやかさ。

20140419083016_photo

20140419083033_photo

20140419083045_photo

どれをとってももうすでに違う。
寝不足でしたがお構いなし。

朝早く起きてみんなでまずはパンを買いに。

20140419085835_photo

20140419085844_photo

20140419090140_photo

やはりビッグサイズ。

20140419092328_photo

からの、ホテルのジャグジーへ。

20140419094451_photo

絶景を眺めながらのプールとジャグジーと朝食。



朝からほんっと贅沢!(笑)

20140419100629_photo_2

20140419105432_photo


肌がこげていくのを感じましたが心地よい。

もう今日ここで一日過ごす?
的な気持ちになりました(笑)


一日目のホテルは結構良い感じのホテルを予約。
なんでもここは、20泊以上するような連泊ベースのホテルとのこと。

こんなところで20泊くらいって…。


どんだけー!(笑)

そんな人生もあるんだなぁと思うと心の底から羨ましい限りでした。
プールで優雅に過ごされるファミリーを見渡しながら、そんな事を思っておりました。

20140419102817_photo_3



さて。
プール&ジャグジーですっきりしてからはいよいよボルテックスへ。
の前に、チャペル・オブ・ザ・ホーリー・クロス。
セドナの街を見下ろす高台にある教会です。

20140419134544_photo

20140419130533_photo

この教会はボルテックスの中には入っていないのですが、入った瞬間に異世界に。
隣にいたまりこは泣きそうって言ってました。

20140419131401_photo

20140419131416_photo

20140419131523_photo

優しい光と空間に、体の力が抜けて行く様でした。

天使が、いたのかも。

20140419130048_photo

10255578_10203631949138336_96994598


教会を後にしたらいよいよ最初のボルテックス。
Cathedral Rock(キャセドラルロック)へ。

20140419140600_photo

セドナには4つのボルテックスがあり、
大地から渦巻き上のエネルギーが存在していると言われております。
それぞれのボルテックスによって、男性性のパワーと女性性のパワーの違いはあるとのこと。


キャセドラルロックはどちらも混ざった場所。


ワクワク行ったものの、驚いたのはほんとにハイキングだったこと(笑)
高くなればなるほど、手を使って登らなくてはいけなかったり、
ほんと足を滑らせたら落ちちゃう感じの、まじハイキングでした。

20140419142526_photo


だんだん高くなって来たところで、
自分が高所恐怖症だったことに気がつきこれ以上登る事を断念。
カメラなど荷物を抱えていたみかりんも断念。

まりことかおるさんは、するすると上に登って行きました。
その光景を下から眺めながら、羨ましさと恐ろしさがミックスされた感情に(笑)



いやー、しかし絶景でした。


しばらくそこに腰掛けて、一人大自然を眺めておりました。
ぼーっと、ただ座って眺める自然。

20140419143540_photo

20140419143920_photo

20140419145040_photo

20140419145617_photo_2

日本の事を思いました。


日本からだいぶ離れているこの場所で。



悩んでいた事、なーんにも考えないなって。
日本にいたら毎日考えている様な事も、ここにいたら何にも考えなかった。

20140419150042_photo

20140419150528_photo


みんなでアメリカンドラマのカバー写真風に写真を撮った。
爆笑しながら。

10268119_10203631949738351_63310695

10276398_10203631949938356_11198993

10261867_10203631950058359_20633530


キャセドラルロックを後に、次に向かおうとしたのはレッドロッククロッシング。
キャセドラルロックを見渡せるオーククリークには妖精が住んでいると言われています。
妖精に会いに行こう!とみんなで意気込んだのですが、車で進めど進めどたどり着かず。
おかしいなぁと思い、近くのお店で場所を確認したら、なんと逆方向に進んでいました(笑)


まぁ、今日じゃないなってことでしょと思い、夕暮れはボルテックスの一つである

Airport Mesa(エアポートメサ)で見ようと。

じつはこのエアポートメサ、
さっきからみんなの話題にちょっとづつ上がっていた場所なのでした。
なんとなく、あぁ、呼ばれてるなぁと感じていたのですがやはりそういうことでした◎


ところがこのエアポートメサ、たどり着くのが難しく、ちょっと諦めかけてたりも。
もうたどり着かないんじゃ?という予感を持った時、カオルさんが、

「もうさ、さっきのあそこがエアポートメサだったんじゃない?」

って言い出したのですが、それがただの鉄塔で、むろん観光客などおらず、
ほかの3つのボルテックスと比べると全く違うのは一目瞭然で分かるはずなのにそれを言っていたあたり、疲れているんだなと察しました(笑)


どういう風に「違う」と言おうかと考えあぐねていたところ、やっと眼下にエアポートメサ登場。

そこからはメンバーの足取りも軽く。



エアポートメサに到達したのはちょうど夕暮れ時。
この岩山は私の様なものにも優しい場所でした。

といっても高いは高い…。


恐る恐る登りきるとそこはまさしく絶景。


20140419181158_photo

20140419181212_photo

20140419181403_photo

20140419181603_photo

20140419181514_photo  

20140419181525_photo


あぁ、もう、ここに来たかったんだ。


20140419181756_photo

20140419182013_photo


最高でした。

言葉もない。

20140419182702_photo_2



ここで撮影した写真を新しいアー写にしました。

20140419183301_photo_2

20140419182414_photo

Linecamera_share_20140420084359

頂上自体はそこまで広いスペースではないので、知らない人達みんなと一緒に夕暮れを。

20140419224246_deco

20140419182744_photo

20140419184954_photo

20140419224431_deco

20140419223928_deco

もう、今でもリアルに思い出される。




あの光、あの空気、あの空。





生きている間に見れたこの景色。




世界中にはまだ見ていない、美しい場所がたくさんあるんだと思いました。



生きている間にもっと見たい。



世界を見たい。





そう強く思いました。








美しさにうっとりしながら下山。



この日の夜ご飯はお洒落なイタリアン。

20140419211531_photo



セドナワインを飲みながらみんなで美しいセドナの話を。

20140508105745



しかしここでも食の試練。



私が頼んだフェトチーネがシーフードのスープを全て吸ってくて、ふにゃふにゃに。
同じスープでもリングイネを頼んだカオルさんのはアルデンテ。

食べても食べても量が減っていかない。


またしても皆さんにだいぶ遅れをとって食事終了。



なぜか食の試練がセドナに来てから続いております(笑)



ホテルに帰宅後は、昨夜のブロッコリー&サーモンを完成してPVを撮ろうと意気込んでおりましたがあえなく撃沈。

全員わりとすぐに就寝いたしました。





セドナ2日目終了。



L.A.日記3完
続く…













☆京田未歩(pommy)さんと一緒に「ココログ(無料)」はじめよう☆

|