« 旅から帰って参りました | トップページ | 運がついた日と沖縄料理と声量 »

自分に負ける日もあるさ〜

今日は自分に完敗した日。


新月の影響かな。
雨のせいかな。



新月っていつも具合悪くなったり、気分が落ちたりするんだよな。



今回の新月は、旅行でわーっといっぱい幸せだったから、
今日そのつけがどばっときたみたい。

パワーいっぱい貰ったはずなのになぁ。



というわけで、伊勢の旅ブログも断念。
気分転換に加圧トレーニング行って来ました。
旅ではいっぱい食べたし(笑)

加圧やると、点状出血が出るのですが、今日は左腕にいっぱい出た\(;゚∇゚)/
気持ち悪くてじっと見てしまった。

それにしても右腕はほぼ出ないのに不思議…。


帰宅後はずっと家で映画三昧。



映画の中の言葉はいつも心を動かしてくれる。
今日はね、

すっごく堅物で、感情を表に出さない男性が、自分の信頼している部下に裏切られてしまうシーンがあってね、その失敗を上司に謝るシーンでね、

自分が一番重きを置いているのは人を簡単に信用しないということで、
やっと信頼出来る人が出来たと思ったのにこんな結果になってしまった。
何十年ぶりかの失敗です。

と言う様な事言うのです。

それをうけて、彼に厳しくしてきた上司が、
「君は自分が完璧ではないと思ったのか?」
と聞くのです。

しばしの沈黙の後、上司が、
「安心したよ」
と続けるのです。




人からどう見られているのかということはいつでも気になるトピックではあるけれど、
それが必ずしも、
自分が、「こう見られなくちゃ」と思っている事と、
人が、「愛してくれるところ」が同じであるとは限らない。

強い猜疑心は感情を殺し、心に高い壁を作る。
人に弱みを握られない様に、完璧にこなそうとする。

自分だけしか信じられなくなる事は本当に悲しい事だ。



弱いところを見せたくないのは…。
がっかりされたくないから。失望されたくないから。嫌われたくないから。

でも、人が見たい部分はそう言うところだったりするのかもしれない。

完璧なもの程敬遠される。
未完成なもの程愛される。

人は、安心するのかな。


弱さは愛すべき人間らしさ。
素直さは全てにおいて大切な要素。



弱さは。
ちょこちょこ出さないと、出し方忘れちゃう。
出し方を忘れた弱さは、どこで出せば良いかを疑い出す。
どこまでなら出して良いんだろうって頭で考え出す。

こんな感じの考えすぎの大人達には、そういう警戒の思考回路、


「はいはーい!全部スイッチオーフ!」


って、勝手に切ってもらうくらいがちょうどいいのかも。


じゃないと。
スイッチオフを回避する言い訳は、もう100個くらい用意できちゃってるから(笑)






素直さは、今後もっとも重要な課題になりそうだ。








おやすみなさい〜。

☆京田未歩(pommy)さんと一緒に「ココログ(無料)」はじめよう☆

|