« グッバイハリーポッター | トップページ | 親友との時間 »

耳の事

耳の事。


最近、耳治った?っと良く聞かれます。
あと治ったと思われていたりします(*´v゚*)ゞ
私が感音性難聴になったのは去年の7月ですが、
それから一年経つ今、耳は治っていません。
左耳は閉塞感があり高音が聞き取れず、
3種類くらいの耳鳴りが1年中24時間、鳴り続いています。
耳鳴りに関しては普通の耳鳴りとはまた違う音量だと思います。

難聴になり始めの頃は、もし同じ状態で苦しんでいる人がいたら「一緒に頑張ろう」の意味を込めてこのブログにもしょっちゅう状況や試しているものを書いていたと思うのですが、
もうほとんど書かなくなりました。

書かなくなったのにはさほど理由はなく、
耳の状況が変わらないのと、私自身、
これからの人生を難聴とともに生きていく事を決意したからなのかもしれません。

私が難聴になった時期、まさに今。
周りの友人などから、「耳の閉塞感がある」とか「耳鳴りがたまにある(これは震災後急にという人が数名いました)」という話を頻繁にされる様になりました。
この時期は、水分の取り過ぎや冷えなどから浮腫みやすく、
カラダの中に水がたまりやすい時期です。
私が通っている病院のお医者様は、私の難聴の状況を「耳の神経の部屋が浮腫んで破裂して耳鳴りがなっている」とたとえ話で説明してくださいました。

私は以前から浮腫みやすく気にしていたので、
この状況をすんなりと受け止める事が出来ました。

耳が聞こえ辛くなるのはとっても不安だと思います。
怪我みたいに目で見える外傷がない分、何がどうなっているのか分からず怖い思いがふくらみますよね(;ω;)
私の体験談から少しでも参考になればと思い、
久しぶりに耳の事を書こうと思いました。

ただ、これはあくまで私がお医者様に聞いたり、本などで調べた話なので、人によって治り方や症状は違うと思います。あくまで一つの例ということでお話いたしますね(*^.^*)参考にならなければごめんね。



私の場合、耳がおかしくなってから病院に行くまで一ヶ月もかかったんです。
2年前にも一度「耳に水がたまっている様な感じ」になって、その時に針治療で治ったので、今回もそれで治るだろうと思っていたのです。
レイキと針治療に行きましたが治らず。
この頃、風邪も引いていたので、風邪のせいだろうと特に耳については意識しないまま日々を過ごしました。
ところがそんなある日、左耳に「ぴー」という耳鳴りが鳴り始めました。
さすがにこれにはびっくりして、怖くなってやっと病院に行く事にしました。

始めはステロイドを服用しました。
しかし状況が変わらず、3ヶ月で定まるという聴力も悪くなったまま定まってしまいました。

「耳が変だなと思ったらとにかくすぐに病院に行く事!」

これがとにかく一番大事です!

早く行けば、このステロイド治療で治る確立は高いみたいです。

ちなみに突発性難聴や伝音性難聴というのは、耳のどちらかというと外側で起こる難聴の事で、これに関しては早く病院に行けば治る可能性もあるとの事です。
しかし残念ながら私の場合は、「感音性難聴」といって、
耳の神経の方の難聴なのでもともと治り辛かった様です。

病院治療の後は、ハリ治療、リンパ治療、気功整体など様々な療法を試しました。
そして、その過程で見えて来た自分の体の歪みと浮腫み…。
さらにはそこからの自分の心の内側。
耳だけではなく、いつの間にかカラダ全体のメンテナンスに時間とお金(泣)を投資しました。

体を治しながら、じっくりと自分の内側と向き合い、
深い呼吸を繰り返したり、瞑想をしたりしました。


その間の期間はもう必死でした。
「絶対治す!」という気合いのもと、
「いつか馴れるよ」という意外にも多かった難聴の人達のアドバイスをよそに、
とにかく私は走り続けました。

注意したのは、お酒の量を減らすということ(苦笑)
音を聞かないということ。まずライブハウスには行かない様にしました。
エレキギターの轟音は特に耳には悪かったみたい。
自分のライブが近づくとテンションも上がって来るので、これが一番辛かった。
耳栓必須でリハやライブをやりました。

あとは、家でも音楽を聴かない様にしました。
その頃、ちょうどアルバムを作っていたので、その音源を家でも移動中でも聞けなかったのも辛かったです。

音との向き合い方の変化からのストレスと不安で、
この時期は人知れず毎日しくしくと泣いていました。



そしてあれから一年が経ちました…。

漢方に切り替えてからも一年経ちます。
今は気功整体と漢方の2つにしぼって治療をしています。


相変わらず耳鳴りはするし、左耳は低音ばっかり拾うので男の人の低い声などがたまに聞き取れません。
でも、聞き取れなかったら聞き取れるまで聞き返せばいいし(笑)
ライブなども気にせず行く様になりました。
私の場合、ラッキーな事に全く聞こえないわけではないので、
普通に生活する分にはなにも支障はありません。
お酒も飲んでます(あ、ご存知ですよね 笑)

状況は変わらないけれど、今の私は元気です。
きっと、体全体のメンテナンスをして心も体も以前より健康になったのだと思います。
生活面でも、徹夜をしたり、毎日飲み歩いたりの「無理」をしなくなりました。
あとストレスを溜めない様に、何事も「まぁいっか」と思う様にしています。
お休みをたくさん取る様にしました。
去年はそう言う意味では、ほとんど一ヶ月に1回〜2回くらいしかオフの日を作らなかったので(;´Д`A ```
何もしない、ただぼーっとする日はとっても大切だったんですね。
今頃気付きました(笑)


漢方の考え方では、体は「気、水、血」がバランス良く巡ってこそ健康でいられると言います。
そしてこのどれかが滞っているとうまく巡る事が出来ず、冷えたり浮腫んだり、貧血になったり、呼吸がうまく出来なくなったりするみたいです。
私の場合は、まさに「水」でした。
「水」がちゃんと巡る様に体の歪みも治します。

そしたらきっと耳の方にも変化が見られるんだと、信じています。


女性は特にですが、30歳を越えると頑張って来た色んなところに歪みがきます。
そんな中一度、体にブレーキをかけ、体と心のメンテナンスをしてみるのも良いと思います。

30年間動いている体だもの。
どこか疲れが出ているのは当たり前だと思います。
体と心は一緒。
体が疲れていたら心も疲れるし、
体が滞っていたり歪んでいたら心も滞って歪みます。

30代はこれからの日本を担う世代。
私達が元気じゃなきゃ駄目だもんね♥

仕事に恋に、がんばりまひょ♥





私が行っている漢方屋さん
薬日本堂
http://www.nihondo.co.jp/

1時間30くらいカウンセリングしてくれて、
自分の体にあった漢方を調合してくれるよ♥

気功整体は、個人でされているところなのでHPなどはないのです(;ω;)

ではでは♥

☆京田未歩(pommy)さんと一緒に「ココログ(無料)」はじめよう☆

|