« カフェオレとアップルパイ | トップページ | オムライスちゃん »

愛に触れて涙があふれた

ちゅーっす。

いきなりですが今日のpommyはすごく幸せでした。

ちょっとね、今日は誰よりもパワーアップした感じ。てへ。

このブログには書かなかったのですが、
実はこの2年間程、若いミュージシャン達のお手伝いを頼まれたりだとか、
若いミュージシャン達とふれあうプロジェクトをお仕事でいただき、
そんな事をしていました。

決して楽しいだけではない音楽の世界。
楽しくやさしくだけで接する事が出来ればどんなに幸せだったことか。
でもとてもじゃないけれどそれだけではいられない。
時には怒ったりもしました。
泣きながら自分の悩みを打ち明ける子に、
涙目になりながら相談に乗った事も何回もあります。


そして、その彼らとの関係の中で生まれたメッセージが、
この数年私の体の中にふつふつと溢れ出て来て、
そして作った歌がmoonlightでした。
ずっと言いたかった事が書けた瞬間です。

そしてそのプロジェクトもいよいよ今日で終わりを迎えました。
さよならの場面でした。
みんなで大泣きしました。

ある子達が、サプライズで「東京タワー」を歌ってくれました。
ほんっとに泣かせるよ(笑)
そして愛のこもった色紙や、ラブレターをたくさんもらいました。

せめてものお礼に「moonlight」を歌いました。
久しぶり過ぎたので歌えるか不安でしたが無事歌えたよ。
みんなには内緒で歌っちゃった。ごめんね。
でも今日は、この歌の主人公である人達の前で歌えたのでとっても嬉しかったんだ。


この2年間の出来事は、私の人生にとても大きな影響をもたらしました。
もし、この2年間の間で私のステージが変わったと思う方がいたならば、
きっとこれが答えです。
涼子先生にはよく「後輩を作りなさい」と言われていたけれど、
まさにその意味がよーく分かりました。
私はほんっとに後輩に恵まれています。



大きな会場での華やかなステージはみんなの憧れの場所。
たくさんの音楽がつまってます。
けれど私は、彼らが歌うへたっぴな歌の前でも、
同じくらい音楽のチカラを感じました。
ごめんなさい。嘘をつきました。
大きな会場で見る音楽以上のものを感じました。

もっともっと音楽が身近にあっても良いなぁと思った瞬間です。
ステージと客席の壁をもっともっと取り外したいと思った瞬間です。
よりアコースティックな音が恋しくなりました。
純粋に伝えたいメッセージを、かっこよさとかでアレンジせずに、
そのまま直球で歌う事、今までしてこなかったやり方だけれど、楽しかった。



強く願えばかなう。
私が投げ続けた愛のボールは確かに届いていました。
信じ続けることが大事だと教えてくれたのは、彼らです。
人を信じる事が苦手だった私に、信じ続ける事を教えてくれたのは彼らです。
音楽を続けて行く事を教えてくれたのは彼らです。
難聴になった時、歌えず、歌う彼らを見てくやしさを教えてくれたのも彼らです。


たくさんのありがとうを伝えたいと思います。

そしてこれからも頑張れ!

これから先、彼らが向かう先の音楽業界が、
夢のある世界であったらいいなぁと願います。


というわけで、ひとまず2年間続いたプロジェクトも終了。
今日から曲作りをしようと思います。

この経験を経て、自分にしか歌えない歌がある様な気がするからです。
新しいメッセージをのせて。
新しい自分と、新しい音楽で。


みんなさんきゅ。


ちゃお。

Picsay1295524444







☆京田未歩(pommy)さんと一緒に「ココログ(無料)」はじめよう☆

|

トラックバック

☆この記事のトラックバックURL
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224294/50679245

☆この記事へのトラックバック一覧

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。





絵文字を挿入